ヌルホワイトの成分に危険性は含まれている?

ヌルホワイトの成分

ヌルホワイトはとても効果が期待できると言われていますが、どんな成分が入っているのでしょうか?その成分には危険性があるものは含まれていないのでしょうか?ヌルホワイトの成分と危険性がないかを調べてみました。ヌルホワイトの成分や副作用がないかの危険性を心配されている方はご参考にしてください。

 

ヌルホワイトの成分

ヌルホワイトにはどんな成分がふくまれているのでしょうか?

 

ヌルホワイトの主成分はビタミンC誘導体ですが、その他にも保湿成分が含まれていて、肌を潤いで満たしてくれます。他に、毛穴や肌を引き締める成分が配合されていますので、ご紹介しましょう。

ハトムギ発酵液

ハトムギは、細胞の生まれ変わりを促進する作用があり、肌トラブルで悩んでいる人におすすめの成分です。

 

肌のターンオーバーが整うと、吹き出物やニキビを予防する効果があり、シミを抑制してくれる効果が期待できます。

カミツレ花エキス

抗炎症作用や抗菌作用、抗酸化作用がありますので化粧品に配合されている成分です。

 

シミの予防と改善の効果、ターンオーバーを促進して、保湿作用に優れています。様々な肌への効果が期待できるのですが、菊アレルギーがある場合は注意しましょう。

ソメイヨシノ葉エキス

解毒、腫れ物、じんましん、鎮咳薬、去痰剤などに対して効果が期待できます。メラニンの生成を抑え、肌のくすみや美白効果が期待できます。

ユキノシタエキス

耳のトラブルに効能を発揮します。美白効果もあるので化粧品の成分として配合されることも多いです。

 

メラニンの合成を阻害する作用があるアルブチンが含まれます。アルブチンによって、メラニンの余剰生成を抑制するので、シミを防ぐことができます。

セイヨウオオバコ種子エキス

体内のサビと関わりがある糖化です。肌のシミやしわ、くすみやたるみといった肌のトラブルや病気の原因になります。ポリフェノールの一種であるプランタゴサイドには糖化を防止する作用があります。エイジングケア化粧品に含まれています。

ビタミンC誘導体

一番の有効成分はビタミンC誘導体です。水溶性プラセンタエキスが配合されています。厚生労働省にも美白効果が認められた成分で、メラニン色素の活性化を抑制し、排出を促進し、還元するという働きがあります。

 

できてしまったシミにも効く美白成分で、ハイドロキノンに比べると刺激が少なく使いやすいです。皮脂の分泌を抑制する働きがありますので、保湿をしっかりとしましょう。

ヌルホワイトの副作用

ヌルホワイトには危険な副作用はないのでしょうか?

 

ヌルホワイトは、低刺激処方なので、副作用の危険性はほとんどありません。ビタミンC誘導体は安全性が高い成分なので安心して使用することができます。

 

ただし、ヌルホワイトには、天然由来の成分がたくさん配合されていますので、アレルギーがある方は注意しましょう。

 

ヌルホワイトは、妊娠中の方や授乳中の方、妊活中の方にも使用することができます。肌に刺激がある成分は配合されておりませんので、安心して使用することができます。産前や産後のスキンケアにもおすすめします。

 

>>ヌルホワイトの最安値はコチラ